2014年2月16日(日) セミナーを開催いたします。

2013.11.29

 

2014年2月16日(日)に厚生労働省の委託事業として研修会を開催します。

当日は「災害時のチーム医療」に焦点をあて、東日本大震災での反省をもとに、効果的な救助・支援活動のための職種間連携のあり方を考えていきます。参加費は無料です。

講師・シンポジスト・参加者として多職種が参加するため、お互いを知る良い機会です。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

  日  時   2014年2月16日(日) 9:30 ~ 17:00 (開場 9:00)

  場  所   笹川記念会館 (アクセスマップは下記を参照ください)

  定  員   先着500名様

  申  込   専用フォームより、お申し込みください。

  費  用   無料

  テキスト   当日、資料として、下記二点の冊子(非売品)を配布いたします。

・「災害時におけるメディカルスタッフの役割」

・「いま、チーム医療を知っていただくために」

  P D F   こちらからセミナーのチラシがダウンロードいただけます

 

申込受付は終了いたしました。

たくさんのお申し込みありがとうございました。

プログラム

9:00~10:20   : 受付

9:30~10:20  : 開会宣言

9:35~10:20   : 基調講演

 【講師】代表 半田一登

 

10:20~11:20:特別講演

 「緊急災害時の医療連携とその課題(仮題)」

 【講師】小早川義貴先生(国立災害医療センター医師・DMAT事務局)

 

11:30~12:30 : 各協議会参加職種の現地支援の実状報告

 「冊子の要点を簡単に協議会参加団体から活動報告」

12:30~13:30 : 昼休み

 

13:30~14:30 : 教育講演

 「南相馬の活動から見えてきた望まれる医療職種の連携(仮題)」

 【講師】原澤慶太郎 先生(元南相馬市立病院・現亀田総合病院 医師)

 【座長】顧問 北村善明(公益社団法人日本診療放射線技師会理事)

14:30~14:45 : 休憩

 

14:45~16:45 : シンポジウム

 「今後の災害にどのように備えるか?どのような連携が必要か?(仮題)」

 【シンポジスト】

 日本医療社会福祉協会:西田 知佳子(災害支援チーム)

 日本看護協会      :洪 愛子(常任理事)

 日本作業療法士協会  :椎野 良隆(災害対策室員)

 日本臨床心理士会   :奥村 茉莉子(専務理事)

 【指定発言】

 日本歯科衛生士会    :玉川 春美(福島県歯科衛生士会副会長)

 日本診療情報管理士会:阿南 誠(会長)

 日本診療放射線技師会:稲葉 孝典(災害対策委員長)

 【司会】副代表 中村丁次(公益社団法人日本栄養士会名誉会長)

 

16:45~17:00 : 提言のまとめ

 「災害時チーム医療のあるべき姿について」

 【提言】代表 半田一登

17:00~17:00 : 閉会

 

 

アクセスマップ

JR田町駅(三田口)より 徒歩8分

都営地下鉄三田線 三田駅より 徒歩6分

都営地下鉄浅草線 泉岳寺駅より 徒歩5分

 


大きな地図で見る

 

                                                                

主催 : チーム医療推進協議会

 

(参加団体)

日本医療社会福祉協会・日本医療リンパドレナージ協会・日本栄養士会・日本看護協会・日本義肢装具士協会・日本救急救命士協会・日本言語聴覚士協会・日本作業療法士協会・日本歯科衛生士会・日本視能訓練士協会・日本診療情報管理士会・日本診療放射線技師会・日本病院薬剤師会・日本理学療法士協会・日本臨床衛生検査技師会・日本臨床工学技士会・日本細胞診断学推進協会細胞検査士会・日本臨床心理士会・山梨まんまくらぶ・あすなろ会

 

受託 : 公益社団法人 日本理学療法士協会

後援 : 公益社団法人 全日本病院協会 ・ 一般社団法人 日本病院会