臨床検査技師

臨床検査技師とは厚生労働省が管轄している国家資格で、
病院などの医療機関において種々の臨床検査を行っている専門家のことです。

臨床検査技師が行う臨床検査の多くは元来医師や歯科医師が行っていましたが、
検査の複雑化と共に分業化が進み、現在の医療には欠かせない存在になっています。

臨床検査技師の主な業務内容は医師又は歯科医の指示の下に身体の構造や機能に関する様々な生体情報を調べることです。具体的には心電図、肺活量、脳波、超音波検査などの生体検査と、採取した血液、尿や細胞の一部など体から採取した検体を調べる検体検査などがあります。

資格取得後の就職先は国公私立の大学や病院をはじめとする医療機関が一般的ですが、その他にも登録衛生検査所(検査センター)や製薬会社などの研究室、健診センター、保健所、血液センターなど医療・公衆衛生の幅広い分野で活躍しています。

〈活動している場所〉
医療機関(国公私立の総合病院、大学病院など)、登録衛生検査所(検査センター)、健診センター、保健所、製薬会社をはじめとする研究所

> この職種の協会HPを見る