管理栄養士

入院・入所中の方には、食や栄養に関する高度な専門知識や技術をもつ管理栄養士による適正な栄養管理が早期に行われることで、栄養状態の改善につながるとともに病態・病状の改善につながります。

さらに、それだけではなくQOLの向上にもつながります。入院患者にとって、食べることは非常に重要なことです。早期からチームに管理栄養士が関わることで食と栄養に関する支援ができます。詳細な食事内容の立案やオーダ変更を管理栄養士が行うことで医師の業務負担軽減にもつながります。

管理栄養士は、病院や高齢者施設においては個々の症状や身体状況によって、食事制限を受けていない人には一般食を、糖尿病や高血圧などの病状のある人にはエネルギーコントロール食や減塩食などの特別食を、手術後などで固形物が摂取できない人には流動食などを用いて、病態に合わせた食形態や必要な栄養素が充足する食事を提供し、栄養状態の維持・向上と病態・病状の改善を目指した仕事をしています。

生活習慣病や手術後の方に対しては退院後、自宅等でどのような食事・栄養を摂取することが望ましいかについて、ひとりひとりの生活背景などに配慮し、食事記録や検査データを基に、理想的な食生活のあり方を相談し具体的なメニューや調理法を指導することで、自宅での食事管理ができるような食生活と栄養の指導を行っています。

〈活動している場所〉
病院、クリニック、高齢者施設

> この職種の協会HPを見る