歯科衛生士

歯・口腔の健康は、「おいしく食べる」、「楽しく会話する」など、健康で生き生きとした生活を送るための基本となります。

歯科衛生士は、国民の歯・口腔疾患の予防及び口腔衛生の向上を図ることにより、乳幼児期から高齢期までの生涯を通じて、歯・口腔の健康をサポートする国家資格の専門職です。

近年では、さまざまな調査研究から「歯・口腔の健康と全身の健康との関係」が明らかになり、高齢期の歯の喪失を防止するためにも、むし歯や歯周病の予防に関心が高まっています。

また、がん等の患者さんの手術や治療において、口腔衛生状態の改善や口腔機能の維持・向上を目指した口腔ケアが、術後の回復やQOLの向上につながることから、チーム医療における医科歯科連携が推奨され、歯科衛生士の役割が重視されています。

仕事の内容は、歯科衛生士法において「歯科予防処置」「歯科診療の補助」「歯科保健指導」の3つの業務が定められており、それぞれに専門性の高い知識と技能を必要とします。

 

 

 

 

 

〈活動している場所〉
歯科診療所、病院、保健所・市町村、介護老人保健施設、事業所等

> この職種の協会HPを見る