医療機器安全管理チーム

チームの目的                       
病院で使用する生命維持管理装置(輸液・シリンジポンプ、人工呼吸器、透析用装置、人工心肺装置など)、および、検査や診断機器に関する下記の事項を目的とする

①人工呼吸器、輸液・シリンジポンプ(点滴などで用いる)、モニター類など病院内の医療機器を総合的に管理する医療機器管理室の業務を担っています。
②医療機器が臨床現場で適切に使用されているか、巡回サービスを行います。
③医療機器安全管理責任者として、医療機器の購入から廃棄までの管理、使用者への安全使用のための研修などを実施します。
④院内感染を予防するために、呼吸器や点滴と患者さんをつなぐチューブなどは、決して再使用せず、一定期間使用したら交換します。

参加するメンバー

医師
臨床工学技士項目の4点の目的の実務が実施されているかどうか、医療機器安全管理責任者から報告を受け、必要に応じて指導を行います。

看護師
人工呼吸器、輸液・シリンジポンプ(点滴などで用いる)、モニター類などの医療機器に関する知識と技術を習得した上で、医療機器を装着している患者さんに対する安全な使用と全身管理を行います。

作業療法士
施設内の基準に従って、患者さんが使用している医療機器の安全かつ適切な取り扱いの知識を身につけて、細心の注意を払って作業療法を行います。

歯科衛生士
歯科医療機器、口腔ケア関連機器などの性能の維持や管理をおこないます。

診療放射線技師
施設内の放射線を発生する診断・治療に用いる医療機器、およびMRI、超音波等の診断に用いる画像検査機器の安全管理・品質管理・運用管理・保守点検などを
行っています。

薬剤師

臨床検査技師
検査に必要な各種医療機器の安全管理や保守点検・試料の品質管理を行い、全国どの病院で検査を行っても、同じ結果になるよう、検査の標準化に取り組んでいます。また、検査室が使用するものに限らず、院内のベットサイドで使用される検査機器、試薬、試験紙などの品質管理も行います。治験に係わる検査全般の管理を行います。

臨床工学技士
①人工呼吸器、輸液・シリンジポンプ(点滴などで用いる)、モニター類など病院内の医療機器を総合的に管理する医療機器管理室の業務を担っています。
さらに、必要に応じて医療機器管理室から貸し出した医療機器が臨床現場で適切に使用されているか、巡回サービスも行います。
②医療機器安全管理責任者として、医療機器の購入から廃棄までの管理や、使用者への安全使用のための研修などを行います。
③院内感染を予防するために、呼吸器や点滴と患者さんをつなぐチューブなどは、決して再使用せず、一定期間使用したら交換します。