医療リンパドレナージセラピスト

『医療リンパドレナージセラピスト』とは、がん術後などに起きやすい後遺症の「リンパ浮腫」という疾患に対し、医師の診断および指示に基づきながら、患者さんやご家族への生活指導、保存的治療法である「複合的理学療法(Complex Physical Therapy) 」により、治療を行う施術者のことです。

医療知識の基礎がある、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を持つものが、さらに養成講習会にて専門的知識と技術を修了することによって得られる資格で、修了者は、全国各地の国公立病院、大学附属病院、がん診療連携拠点病院、開業施設において「リンパ浮腫外来」の中心的な存在として活躍しています。

また、あん摩マッサージ指圧師は、医療系国家資格として独立開業権が認められていることから、医師との連携のもと各々の開業治療室での施術、および在宅診療を中心とした活動で、医療機関への通院困難な患者さんに対しても心強い支えとなっています。

〈活動している場所〉
全国各地の医療機関内「リンパ浮腫外来」、がん診療連携拠点病院等における関連診療科「婦人科」「乳腺科」「泌尿器科」「心臓血管外科」「緩和ケア科」等、診療所、クリニック等、訪問看護ステーション、あん摩マッサージ指圧師開業施設(※医師との連携を義務化)

> この職種の協会HPを見る

参加するチーム

新着情報