感染症対策チーム

対象                             
・病院の入院患者
・医療施設入居者、および、職員などすべての人

チームの目的                       
病院などの医療施設で、建物内の感染症に関する予防、教育、医薬品などの管理を
担当する専門チーム(病院によっては、感染防止チーム、院内感染対策チームともいう)

参加するメンバー                     

医師
感染症の診断、治療方針の決定および治療を行います。

看護師

救急救命士
①感染症やその疑いの極めて強い患者さんを専門医療機関や隔離病棟へ患者搬送サービスを行います。
②ドクターカー・救急車・救急資器材の使用後には、消毒、定期消毒、特別消毒を徹底し感染防止対策を行います。

作業療法士
施設の感染対策マニュアルに従って、作業療法を実施します。特に、作業療法室での訓練では、多くの診療科から患者さんが来室するため、感染症などが広がらないよう留意します。作業療法士もベッドサイドに訪室する場合などには、間接的に感染を広げないよう努めています。

薬剤師
①感染症治療で抗菌薬を投与するときは、用法、用量、投与期間等を考慮しなければ、有効な治療ができないばかりか、耐性菌の出現が危惧されます。薬剤師は 治療に適した抗菌薬の選択や適切な使い方を医師に助言します。さらに、血液中の抗菌薬濃度を維持するため、抗菌薬の血中濃度を測定し、投与計画等の助言も 行います。
②院内感染、および拡散を防止するため、薬剤師は原因となる微生物に有効な消毒薬の選択、使用濃度等を、医師および看護師等に助言しています。

理学療法士
院内のスタッフ全員が知っておくべきこと(「キャリアにならない方法」等)を徹底するとともに、感染が疑われる患者さんがいた場合には、チームのスタッフで情報共有などをします。

臨床検査技師
MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)などの薬剤耐性菌の検出状況をモニタリングし、院内感染の発生防止や拡大防止のための情報を提供しています。また、多くの微生物の中から病気の原因となっているものを特定し、薬剤の効果などについて情報提供を行います。

臨床工学技士
医療機器は多くの患者さんに使用されるため、常に清浄に保たなければなりません。このため、医療機器の専門職として、細菌感染に対する厳格な管理をしています。